建築設備定期検査の知識と選定法

建築設備定期検査の基礎知識と会社の選定を説明します

建築設備定期検査制度の概要と会社の選定のポイント

調査制度全般に関しての基礎的知識

特定建築物定期調査というのは建築基準法によって決められている法的調査を意味します。建築基準法改正によりまして、特殊建築物から特定建築物へ名前変更しています。 特定建築物に関しては建物の敷地並びに外壁や構造などが適法状態のもとでアクシデントが生じないようにチェックするため有資格者により調査を実施する仕組です。こうした調査については決められた期間に取り組むことが求められますが、仮に実施を怠ったケースでは罰則が科せられるケースもありますので、あらためていうまでもなく、期間に気をつける必要があります。そして、 特定建築物定期調査においては敷地及び地盤の調査、建物外部の調査、屋上及び屋根の調査、建物の内部などの調査、避難施設・非常用進入口などの調査の項目のチェックを実施します。

検査対象の建物の基準および具体例

特定建築物定期調査に関しては、数多くの人が活用するホテルもしくは学校などの建物及び延べ床面積100㎡をオーバーする一定のスケールの建物が調査対象になります 建物の使い道や、スケールにより調査を実行するか否かの基準が細かく区分されています。さらに調査対象でも使い道により検査の頻度が類別されています。 数多くの人が活用する建物というのは、劇場やホテルまた、デパートや病院それから、学校や飲食店等で調査を実行しなければなりません。現実には用途はもとより規模または階数等で必要な条件が細部にわたって区分されています。対象建物になるか否かは都道府県により詳細に区分されています。 さらに、建物の管轄については、都道府県になりますが、市で管轄しているケースがあります。報告書は役所、またはセンターに提出することになります。

調査会社を選定する上での重要ポイント

調査会社の大切な選定方法として過去の実績があります。実績が数多いとノウハウも豊富と結論付けられることから安心してお願いすることができるでしょう。 たくさんの調査に取り組んでいることはリピーターの客も多いと考えられますので支持を得ている証とも言えます。 それに加えて、ウェブサイトやチラシ等だけ閲覧しても信頼が置ける会社か責任を持ち調査を終わりまでしっかりと実施してくれる会社か判断がつかないものと言えます。起業して年数が多くない会社や少ない人数の会社よりは、創業歴の非常に長い会社のほうが安心することができます。 いうまでもなく、創業歴の浅い会社であってもしかるべく調査をしてくれるところはありますが、それを見極めることは容易ではありません。そうすると評価する材料は実績や営業している年数や社員数などにならざるを得ないといえます。

人気記事ランキング