建築設備定期検査の義務

所有者等は建築設備定期検査を実施する必要がある

義務がある建築設備定期検査を依頼する業者選び

調査や検査は慣れている実績豊富な業者の方が円滑

特定建築物定期調査は、その対象となる建築物を特定行政庁が指定しており、提出義務がある建築物の所有者や管理者は定期的に調査等を実施して報告書を提出することが必要となります。調査内容は多岐にわたっており、きちんと実施するためには建築についての専門知識が必要となる業務となるので、専門業者に調査や検査を依頼することになるでしょう。調査や検査を正確に実施するためには、調査すべき項目をしっかりと理解して円滑に業務を行うことが必要となるので、実績が豊富な業者に依頼することがとても重要となります。また、特定建築物定期調査に必要となる業務委託費用は依頼先となる相手によって異なっているので、いろいろな業者から見積もりを取得して比較したほうが、調査コストを下げることが出来るでしょう。

調査や検査すべき内容等は対象となる建物ごとに異なる部分があるので、依頼する建物の用途に応じて実績が豊富な業者を選んだほうがスムーズに作業を実施してもらうことが出来ます。マンションと商業施設では建物の中に設置されている設備等の仕様も大きく異なっていることが多いので、マンションオーナーであれば、マンションに特化した業者を選ぶと良いです。特定建築物定期調査を実施することが出来る専門資格者としては、一級建築士等がいるので、依頼先の担当者がきちんと一級建築士等の資格を持っていることを確認することも重要となります。二級建築士でも調査等を実施することは可能ですが、一級建築士を持っている担当者であればさらに信頼して仕事を任せることが出来ます。

建物規模に応じて適切な業者を選ぶことが重要

建物の規模に応じて設置されている設備のグレードは大きく異なっており、調査や検査に必要となる備品なども大きく異なっています。あまり大きな建物の場合には、業者が対応することが出来ないケースも考えられるので、事前にきちんと相談しておくと手戻りも少なくなります。特定建築物定期調査は、最初の一回目は建物全体の状況を把握するために詳細な調査を実施することが必要となり調査費用も高くなる傾向にあります。二回目以降の特定建築物定期調査の場合には、一回目で使用したデーターを使って調査等を行うので、コストは少し安くなるので、継続して同じ業者に依頼するとトータルコストは安くなります。初めて特定建築物定期調査を実施するという場合には、比較しながら出来るだけ良い業者を選ぶことがとても重要となります。担当者と面談をして、しっかりと業務を任せることが出来るかを見極めると良いでしょう。

人気記事ランキング